庭づくりを考えていますか?

どこに依頼すればいいか迷っていませんか?

そんなあなたに、庭づくりの業者選びで失敗しないポイントをご紹介します。
ClipboardImage

.魯Ε好瓠璽ーへの依頼


家を建てたハウスメーカーや工務店で、庭のプランを提案してくれる場合もあると思います。
その場合、プランの中心になるのは主に道路から玄関までの外構(駐車場・アプローチ)だと思います。
もちろんハウスメーカーが直接工事をするわけではないので、プランや見積りは外構下請業者がすることが多く、予算や工期の限られた中ですので、どうしても内容の充実度は後回しになりがちです。
ハウスメーカーは庭の専門家ではありません。
ですから庭に関する知識やノウハウが少ない事が多く、完成した庭を見て、「こんなものなのか?」との印象を持つかもしれません。

また、プランや施工が外注ですので、工事費の中には当然ながら中間マージンというものが発生しています。その額、なんと工事代金の10〜30%!!
そうなんです。同じ内容の工事なのに、お隣様より10〜30%も余計にお金を払わなくてはいけないんです。
なので、できるだけ理想に近い素敵な庭をできるだけ適正な価格で実現したいという人には不向きですよね。
しかし、庭づくりを一から別の業者に依頼するのは面倒だという人には向いているかもしれません。
庭には庭ならではのノウハウがあります。樹木や植栽の事、土づくりの事、庭専用商材の事など、専門家でないと解決できない事がたくさんある事を知っておく必要があると思います。

▲曄璽爛札鵐拭爾悗琉様


最近のホームセンター事情はとても進んでおり、広い敷地に多くの展示品が並んでいて、見ているだけでワクワクしてきます。特にカーポートや物置などは大幅な値引きをしていることが多く、とても魅力的です。
庭のプランも無料ですので、とても気楽に利用できます。
ただし、ここでも注意が必要です。
そのプランはいったい誰がつくるのでしょうか?
展示場にいる担当者はホームセンターの職員で、実際にプランをつくるのは外注の業者です。
つまりそこにも中間マージンが発生しているのです。
ホームセンターが得意なのは、物置やカーポートといった既製品の販売です。
形の無いものを作り上げる作業の場合、必ず外注業者に依頼が回ります。
ホームセンターだから安いだろう・・・は、庭工事に限って言えば当てはまらない事が多いようです。

0造気鯀位未暴个靴審姐酋伴


家を建てたし子供も産まれたし、庭にはあまり予算をかけられないから、という理由で、とにかく安くしてもらうことを最優先にしていませんか?
完成した品物を買うのであれば、たくさん値引きして安く買った方がいいに決まってます。
しかし、庭は完成品ではありません。
形の無いところから始まる物づくりです。

材料や人件費は、どこも同じくらいの経費がかかっています。そう大差ありません。
それなのに工事代金を安くできる方法は、たったふたつだけ・・・・・(1)業者の利益を減らす。 (2)品質を落としてコストを下げる。
(1)そもそも、業者が自分の利益を減らしたり無くしたりしてまで値引きをするとは思えませんね。
(2)という事は、値引きのほとんどがこちらのパターン。
予算を削られ、無理な値引きをしてしまった業者は、それでも利益を確保するために工事の品質を落としてしまうということもめずらしくないのです。

プランをつくる前に予算についても相談し、その中でできるだけ理想に近づける努力をしてくれる業者は良心的で信頼できるでしょう。
庭は決して安い買い物ではありません。親身になって相談に乗ってくれる業者を選びたいものです。

た社との相見積り


どこに依頼するか数社にプランを依頼する相見積りを取る事は良いことだと思います。
その中から自分たちの予算や希望、センス、ライフスタイルに合った業者を選ぶのは、庭づくりも家づくりも同じではないでしょうか?

この場合、見積りの金額だけで判断してしまい、後で後悔することだけは避けたいものです。
一般的には、相見積りになると、少しでも金額を下げようとして材料の質を落としたり、工程の一部を省いたり、また、希望の内容と違ったりするケースが多いと聞きます。
プランの内容をしっかりと確認し、見積り内容の詳しい説明を受けたうえで判断しましょう。

内容は気に入ったけど少し予算オーバーだという場合は、遠慮なく相談し、予算に合わせて調整してもらうことも必要です。
また、嫌がらずに何度も修正してくれたり、内容の調整してくれる業者はとても良心的だと言えるでしょう。
見積りの詳細を説明してくれなかったり、希望した内容と違うプランをつくり、金額の安さを強調する業者には注意が必要です。

イ弔泙蠅匹Δい事かというと・・・


庭づくりは家を建てるのと同じくらいの労力が必要です。
土木、左官、造園、照明、アルミ、木工、それぞれの工事や、完成した庭の手入れ・活用方法など、幅広い知識と応用力が必要になってきます。
もちろんデザインセンスや、使い勝手の提案など、プロとしての技量も重要な要素です。

あなたの好みや家族の希望、現地の状況や将来の変化への対応など、いろいろな要素を検討してやっとひとつのプランができあがるわけで、それを考えずにつくってしまい後悔する人があまりにも多いのが現実なのです。
ぜひ、そういったことをしっかりと理解してくれる業者を探してください。
もちろん私たちは真剣に庭づくりに取り組み、あなたの理想を叶える準備をしています。
でも残念ながら、そうでない業者が少なからずいることはとても残念な事です。
あなたの相談に親身になってくれ、プランや見積りにしっかりとした根拠があり、それを丁寧に説明してくれる、そんな専門業者に巡り合えることを願っています。