エクステリア ガーデン施工のFOUR SEASONS / / / /
BLOG 〜プランナーのつぶやき〜
フォーシーズンのGARDEN日記
12345678910111213141516171819202122232425262728

10/04 : 植栽のお話し〜常緑樹と落葉樹〜

13
「お庭を作ったら、シンボルツリーを植えたい」

でも難しいのは、どんな庭木を選べばいいのか・・・

新潟に限って言えば、間違いなく「落葉樹」をお勧めします。
いわゆる、秋になると葉っぱを落とすタイプの樹木です。


先日、業界関係のサイトを巡っていた時のことですが、
「お手入れの簡単な"常緑樹"を選びましょう」って書いてありました。

これ、10点です。
90% 間違っています。

たぶん、常緑樹は秋に葉っぱを落とさないから、管理がラクだと言いたいんだと思いますが、
果たしてそうでしょうか?







●落葉樹・・・・・秋に全ての葉っぱを落とす
●常緑樹・・・・・1年をかけて半分の葉っぱを落として入れ替わる
          つまり、1年中葉っぱが落ちるんですよ。
          松の木の下を確認してみてください。いつでも葉っぱが落ちているはずです。

さて、秋だけの葉っぱ掃除と、1年中の葉っぱ掃除、どちらがラクだと思いますか?





2
エゴノキ
春に咲く真っ白な星形の花がかわいい。
暑さ寒さに強く。人気の樹木。
2
アオハダ
明るい黄緑色の葉が、丸みを帯びていてかわいい。
秋に赤い実をつけるのも観賞ポイント。
16
ジューンベリー
春先の真っ白な花から始まり、
6月に熟す実は、甘くておいしい!
大きくならない樹木で、管理もしやすい。
近年、大人気の樹木。

庭に植える樹木には、いくつかのポイントがあります。

・大きくなりすぎないこと
・病害虫に弱くないこと
・花や実や紅葉など、楽しめる変化があること
・植える場所の気候に適していること
・そして、見た目がステキであること


この条件の中で、特に気にしたいのは「見た目」です。
シンボルツリーとして植えるからには、見た目がステキじゃなければ魅力半減ですよね〜。
そして、この「見た目」については、圧倒的に落葉樹の方がステキなものが多いんです。



そして更に言えば、
落葉樹の方が、寒さに強いものが多いです。
秋に葉っぱを落とした後は、樹木は長い休眠(冬眠)に入ります。
寝ているから寒さに気付かない(のかもしれない)ので、寒さに強いです。
 (人間が羽毛布団に包まって、ヌクヌクと寝ているイメージです)
雪の重みで折れないようにだけ気を付けてあげれば、簡単に冬を越せます。

常緑樹の場合は、冬もしっかりと起きています。
 (人間が防寒具を着て、雪の降る屋外を歩いているイメージです)
だから、寒さから守るための冬囲いをしてあげなければいけません。





P1010365
落葉樹の冬囲いの例。
ただ荒縄で何箇所か縛るだけ。
これだけでOKです!
簡単です!




■人気のシンボルツリー BEST3



01
ヤマボウシ
庭木の王様です!
堂々とした風格で存在感があります。
毛虫も付きません。
ヤマモミジ2
モミジ・カエデ
おなじみの庭木です。
株立タイプなら、洋風にもマッチします。
紅葉最高!
13
アオダモ
あまりの人気に、常に品薄です。
寒さに弱いシマトネリコの代替え種です。
とにかく見た目がステキ!






今回ご紹介した内容は、あくまでも新潟県の場合です。
お住まいの地域によって、条件は全く異なりますのでご注意ください。

そして・・・・・ウソの情報に騙されないように、信頼できる専門家にご相談ください。


ホームセンターで売っている庭木、そのまま植えても「うまく育たない」場合も多いですよ。



■結論

 シンボルツリーを植えるなら、落葉広葉樹がお勧めです!

 ・花が咲くのがいい
 ・実が成るのがいい
 ・香りがするのがいい
 ・病害虫に強いにがいい
 ・姿かたちがステキなのがいい
 ・紅葉がキレイなのがいい
 ・大きくならないのがいい

 あなたが望む条件を絞り込んで、庭木のプロにご相談くださいね。

 フォーシーズンなら、庭木1本でも、とことん付き合います。


投稿者:masamitsu

10/03 : 窓の目隠し(めかくし)の話し

掃き出し窓
リビングや和室に多い、大きな掃き出し窓。
明るくて開放的で、お庭とのアクセスもバッチリ!
晴れた日には窓を開けて、お日様の日差しや風を取り込んで、
とても気持ちが良さそうですよね。

ところが・・・・・お庭の打合せの時に話を聞いてみると、
「外からの視線が気になって、カーテンを開けられないんです」という方が多いのです。
驚きました。 おそらく半数以上の方が、窓を開けることができないと言うんです。
日当たりの良い南向きのリビングの窓を、開ける事ができないだなんて、
ちょっと(いや、かなり)もったいない話ですよね〜。

さて、あなたのお宅ではいかがですか?
窓を活かした開放感のある生活を楽しむことができていますか?

もし、できていないとしたら・・・・・・
この後の記事が役に立つかもしれません。
ぜひ、読み進めてみてくださいね。


投稿者:masamitsu

01/25 : 外構工事の"仲介業者"のお話し

lgi01a201405311000
家を建て、外構工事をやろうとする場合、まずはインターネットで検索する、そんな方も多いと思います。
家に居ながらにして、様々な業者を探し出すことができる。もちろん注文することもできてしまう。
本当に便利な世の中になりました。
ただ、そんな便利なネットの中には、大きな落とし穴があいていることもして得必要があると思います。
その落とし穴とは・・・・・・!?


投稿者:masamitsu

01/05 : 【適正価格】のお話し

gatag-00011774
何かを買ったり作ったりする時によく耳にする【適正価格】という言葉。
なんとな〜く意味はわかりますが、いざ説明するとなるとどういう意味になるでしょうか・・・

適正な価格 → 適正な値段 → ちょうどいい値段

そう!
何かを買ったり作ったりするのにちょうどいい値段のことですね。
でもちょっと待って!
「何がどうちょうどいいの???」


投稿者:masamitsu

12/20 : 失敗しない庭づくり・・・って、何だろう?

家パース01
家があれば、庭や外構が必ずあります。
広いとか狭いとか、お洒落だとか普通だとか、そんな事は関係なく必ず庭や外構は存在します。
家を建てて、「さて、庭の事でも考えてみるか!?」と思った時に、まず迷うのが「どこに相談すればいいの?」ですね。

家のことだから工務店では?
いや〜工務店は高そうだから、ホームセンターに聞いてみようか?
ネットで調べたら、庭の専門店があるらしいよ〜

結論としては、【どこに頼んでもいいんです】
あらら、答えになっていませんか(^_^;)?


投稿者:masamitsu

10/10 : 雑草で困っている人が多すぎる現実

雑草
こんな景色に見覚えはありませんか?

見たくないですよね〜

お庭を持つと、ほとんどの人が悩まされる問題・・・そう「雑草」です!

毎年、かなりの数のお客様から、

「雑草で困っている」

「もう草を見るのもイヤだ」

「庭に出ることさえイヤになってくる」

「誰か、なんとかしてーーー!」

といったような悲痛のご相談をいただきます。
(しかも、年々増えているような気がします・・・)


投稿者:masamitsu

08/17 : 雪が降る前に・・・・・・

CG006
8月半ば・・・・まだまだ夏 真っ盛りですね!
この時期にしなければいけない庭仕事・・・それは、【冬の準備】です。
「え〜〜〜〜」って思うかもしれません。
特にこれから庭を作ろうと考えている方は、今が一番大事な時期ですよ。


投稿者:masamitsu

07/16 : 大人気の【人工芝】について・・・必ずお読みください

021
今、ガーデンリフォームで大人気のアイテム 【人工芝】

○雑草だらけの庭で困っている
○土のままの庭を何とかしたい
○天然芝のお手入れに苦労している
○低メンテナンスで「きれい」を維持したい

そんな方にこそ、人工芝がぴったりです!


投稿者:masamitsu

07/07 : 「砂利敷き」と「防草シート」の、よくある間違い!

P1020603
家の周りのデッドスペースに、砂利を敷いている人は多いと思います。
使わないスペース・使えないスペースだからこそ、手間をかけずにいつもキレイにしておきたい。
でもコストはかけたくない。
そんな時に便利なものが「砂利敷き」です。

でもちょっと待ってください!
その砂利敷き、間違っていませんか!?


投稿者:masamitsu

12/23 : あと一週間で.....

a1150_000488
あと一週間で2013年が終わろうとしています。

今年を振り返って、漢字一字で表すなら・・・・・「早」 これしかありません。

充実している時ほど、時間の経つのが早いといいますけど、それにしても
今年はあっという間でした。
目を閉じて、そして目を開けたら、もう今年が終わるところでしたw

今年も、本当に多くのお客様からご相談いただき、
そして理想の庭空間の実現のお手伝いができた事、とても嬉しく思います。
新人デザイナーの二人も順調に成長し、少しずつ自分の色を出し始めています。

2014年のフォーシーズンは、大きく変わります。
何故かって?
それは・・・開業11年目を迎えるからです。
これまでの10年間で、地元に根付いたガーデン専門店として活動してきました。
そしてその経験とノウハウを活かし、2014年は新たな提案に挑戦したいと思います。

ガーデンエクステリアの提案は、更にわかりやすく選びやすく、そして適正価格で提供できるように。
水廻り設備工事では、当たり前から一歩進んだ新たなご提案を用意しました。
ガーデニングショップでは、今まで以上にガーデニングが好きになる、そんな仕掛けを考えています。

私たちは、少数精鋭で活動しています。
こんな時代ですから、スタッフを増員する事も難しいのが現状です。
ですから、一度にお受けできるご相談には限りがあります。
そんな私たちを支えてくれているのは、地元のお客様に他なりません。
2014年も、地元のお客様に喜んでいただけるような展開をしていきますので、
変わらぬご贔屓をよろしくお願いします。

おっと、年末のあいさつみたいになっちゃいましたが、
その前にみんな楽しみにしているクリスマスがやってきますね。
予報では少し雪も降るみたいです。
素敵なホワイトクリスマスになるでしょうか。

毎日寒いですが、風邪など引かぬように。
では、また。


投稿者:masamitsu

11/15 : 2月・3月に新築完成予定の方へ

DSC_0041
もうすぐ雪の舞う季節がやってきます。
新潟の冬は、じっと耐えるイメージが強いのですが、そんな中でも新築されている方が
たくさんいる事と思います。
そんな新築中の方へ、新築外構の失敗しない作り方のお話しをしたいと思います。

2月・3月に新築完成予定の方にとって、外構はいつ考えればいいのか悩みどころですね。

できれば引越しの時には駐車場は完成させたい。
春シーズンはガーデン工事が混むと聞いているので、実は焦っている。
でも、雪が積もっていたらガーデン工事は無理なんじゃ・・・

いろいろと考えたらキリがありません。

ではいったい、新築外構はいつ検討を始めればいいのでしょうか・・・?

答えは・・・・・・「今でしょ!」

少し古くてスイマセン(汗)

でも、本当に今が外構プランを考える最適な時期なんですよ。
外構のプランニングを始めてから決定するまでには、およそ1〜2ヶ月の時間を要します。
その間、何回もの打合せを重ね、プランの修正や予算調整を行ない、
新築の工期や、外構の職人の手配などを同時に検討しなくてはいけないため、
思った以上に時間がかかることがほとんどです。

例年、春先の外構工事は大変混雑します。

「雪が消えたら一番で工事して欲しい」という方が多いからです。

そんな方は、いったいいつからプランニングをしているのかと言うと、
実は11月〜12月に始める方が多いんです。
ある程度プランの方向性と予算が決まると、当店にて工事をする前提で【内諾】という
仮契約をさせていただいてます。
そんな【内諾】のお客様は、何よりも優先させていただいておりますので、
それ以外のお客様には、1か月以上お待たせしてしまう場合もあります。

ちなみに、2013年の春のガーデン工事は、全て2月までにご契約いただいたお客様でした。
雪溶けとともにご相談いただいた方は、着工が6月頃になってしまいました。
(本当に多くの方にご迷惑をおかけして申し訳ありません)
でも、多くのガーデン業者は同じような状況だと思ってください。
それほど、春先の工事は多くのお客様がご希望されるんですね。

ですので、ご相談は早い方が断然有利!!

そして、駐車場やアプローチ、エントランスなどの外構工事は、多少の積雪があっても
問題なく工事が可能です。
建物の引渡しや引っ越しの日程に合わせて、優先的に調整いたしますので、
遠慮なくお申し付けください。

大切なことなので、繰り返しますね。

春先のガーデン工事のご相談は、11月〜12月に始めるのがベストタイミングです!!

そして、1月〜2月にはプランを決定・ご契約して、優先的に春の工事日程を確保しちゃってください。


投稿者:masamitsu

08/25 : 直接受注にこだわるワケ

famyry_1a
私たちフォーシーズンのお客様・・・それは、ガーデンエクステリアを使う人たち。
つまり、そこに住まう人たちです。
決して、ハウスメーカーや工務店の営業マンが、私たちのお客様ではありません。

だからフォーシーズンでは、お客様からの直接受注にこだわります。
お客様のお話しを直接お伺いし、提案し、修正し、そして工事中にもご相談しながら、
一緒に作品を作り上げたいと考えているからです。


投稿者:masamitsu

08/24 : 資金計画のこと

201202131707540ba
マイホームを建てて、駐車場や境界ブロック、アプローチも素敵にしたいし、
そうそう、ウッドデッキをつけて家族でバーベキューとかできたらいいな。

でも、結構お金がかかりそう・・・・う〜〜ん、予算不足・・・(汗)


そう、夢は大きいけれど、いきなり高い壁にぶつかってしまう、これが現実なのかもしれません。


投稿者:masamitsu

02/21 : ガーデンを光で彩ること

DSC_79
ここ数年、なんとなく流行っているな〜と感じるガーデン照明、いわゆるライティングです。
駐車場やアプローチを照らす実用的な明かりと、お庭の雰囲気を作るライティング、これらを
うまく組み合わせて取り入れる方が増えています。
ライティングは、私たちの心にゆとりと安らぎを与えてくれます。
また、外から見た時にいつもの何倍も素敵に見せる効果も大きいです。

LED照明が普及し、器具の価格も下がってきた今こそ、ガーデンライティングを取り入れるチャンスです。

ゆったりとした照明に包まれながら、お庭で星空を眺めてみませんか?


投稿者:masamitsu

02/20 : ガーデンと積雪

snow
ここ数年の大雪を経験して、やっぱりここは雪国なんだな〜と実感しています。
冬だもの、雪が積もるのは当たり前!と思っていた私ですが、生活に支障が出るとなると
このまま黙って見過ごすわけにはいきません。

写真は、長岡市市内のとある住宅地。
2月も終わりだというのに、160cm以上の積雪でどうにもならない様子。
もちろん、カーポートの屋根や駐車場、庭の全てが白い雪で覆い尽くされています。

雪が積もるからこそ、庭の設計には特別な配慮が必要なんですね。


投稿者:masamitsu
新しい順 | 古い順
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 || Next»