エクステリア ガーデン施工のFOUR SEASONS / / / /
適正価格という考え方

お庭って、いくらぐらいでできますか?

多くのお客様から、こう聞かれます。

「お庭って、いくらぐらいでできますか?」

結論から言えば、「何とも言えません」としか言えません。
何故かと言うと、例えば20坪という面積の中でも、50万円でできることもあれば、500万円かけることもできてしまうからです。
つまり、その庭でやりたい事、使う材料、デザインや施工の難易度などの条件によって、かかる費用も変わってくるわけです。

具体的に言うと、
 
ClipboardImage
■敷地に高低差があり土留や階段が必要な場合と、
 そうでない場合

■境界線にフェンスや目隠しが必要な場合と、そうでない場合

■駐車場が2台分、3台分必要な場合と、必要ない場合

■効果的に重機を使える場合と、人力による作業の場合

■オープン外構とクローズド外構
■レンガや石張りなどの高価な材料を多用する場合と、
 そうでない場合

■テーブル、ベンチ、デッキ、テラス、カーポートなどの有無

■使う材料の品質や価格の違い

■樹木や植栽の数量

など、工事代金に大きく影響するものがたくさんあります。

ご予算の目安

ガーデンエクステリアには、建築のように坪単価○○円というような基準がありません。
だからこそ、その庭にかかるコストが高すぎず安すぎず、【適正価格】であることが望まれます。

では、この【適正価格】とは、いったいどんな価格なのでしょうか。

私たちが考える適正価格とは、
,客様が手に入れる庭に対する、価値と価格のバランスが取れた金額
▲妊競ぅ福爾篆人が、満足のいく仕事をするために必要な金額
この両方を兼ね備えた価格こそが、【適正価格】と呼ばれるものだと思います。


質の高い庭を、しっかりと責任を持って施工し、その後のアフターフォローまで細かく対応するには、当然のことながらある程度の費用が必要になります。
高すぎる価格は問題外ですが、安すぎてもいい事はないと思います。

大幅な値引きをして契約したら、手抜き工事をされてしまったという残念な話を耳にします。
適正な価格で見積りされたプランは、当然大幅な値引きなどできません。


FOUR SEASONSは、お客様から適正価格以上の料金はいただきませんので、どうぞご安心ください。
それでも、おおまかな予算を知りたいという方へ

ご新築時の建物価格と比較して、大まかな庭づくりの予算を出す方法があります。
ClipboardImage
例)建物価格が2000万円の場合

建物と調和のとれた
デザイン性の高い外構と庭の空間

デザイン性も考えつつ
実用性重視の外構中心の庭


必要最小限の機能としての外構
12% ⇒ 240万円
8% ⇒ 160万円
6% ⇒ 120万円
001_5%〜
002_8%〜
003_11%〜
駐車場やアプローチはもちろん、目隠しフェンスやテラスなども配置した使えるデザイン性に富んだ外構と庭のプラン
駐車場やアプローチを中心に、門壁や照明、境界フェンスなどを盛り込んだ外構プラン
 
駐車場コンクリートやアプローチが中心の外構
 
 

※敷地の広さや形状、その他の条件により価格は変わります。あくまでも、「だいたいどのくらい?」を解消するための試算です。