掃き出し窓
リビングや和室に多い、大きな掃き出し窓。
明るくて開放的で、お庭とのアクセスもバッチリ!
晴れた日には窓を開けて、お日様の日差しや風を取り込んで、
とても気持ちが良さそうですよね。

ところが・・・・・お庭の打合せの時に話を聞いてみると、
「外からの視線が気になって、カーテンを開けられないんです」という方が多いのです。
驚きました。 おそらく半数以上の方が、窓を開けることができないと言うんです。
日当たりの良い南向きのリビングの窓を、開ける事ができないだなんて、
ちょっと(いや、かなり)もったいない話ですよね〜。

さて、あなたのお宅ではいかがですか?
窓を活かした開放感のある生活を楽しむことができていますか?

もし、できていないとしたら・・・・・・
この後の記事が役に立つかもしれません。
ぜひ、読み進めてみてくださいね。







■まずは、窓を直接的に目隠しした例をご紹介します。


Before|After


掃き出し窓 目隠し前
掃き出し窓 目隠し後
道路に面した大きな掃き出し窓。
タイルテラスも使うことができず・・・・
フェンスと樹木で目隠しをした例。
重苦しくなく、動きのあるデザインでまとめました。
道路からの景色もオシャレになりました。



いかがでしょうか?
見た目も素敵になり、安心感も格段に上がりますね。

そう!
目隠しとは「安心感」を高めることが重要なんです!



■それでは、もうひとつの事例をご覧ください。





Before|After


N邸 目隠し前
N邸 目隠し後
閑静な住宅街の角地、という最高の立地条件ですが、
その立地ゆえに外からの視線が気になります。
窓だけの目隠しではなく、
お庭全体のデザインの中で、上手く目隠し効果を狙った例です。
石貼りの塀や、縦スリットのフェンスに視線が向く事で、
その奥にある窓への視線を和らげてくれるデザインになっていますね。




いかがでしょうか?

目隠し効果もさることながら、建物全体もグレードアップして見えませんか?
上手に目隠しをデザインすることによって、全体を素敵に魅せる効果があります。

デザインをする場合には、
”瀉呂寮K
高さ
実用性(使いやすさ)
ぢ儺彑
ジた目の素敵さ
Υ浜しやすさ
など、プロの経験を活かしたノウハウがたくさん詰まっています。





■それでは、最後に・・・・・




木樹脂デッキ13
リビングの掃き出し窓に、ウッドデッキを設置。

・・・・・よく見かける光景ですね。



こちらのお宅は、目の前が道路です。
自動車や歩行者が多く、とても視線が気になるとのことでした。
窓を開けるどころか、デッキさえも使えない・・・・そんな状況でした。

ハウスメーカーさんが良くやる施工です。

道路側に向いた大きな窓。
地面より50cm高くなっているウッドデッキ。

この窓とデッキを、最大限に活用するためには、目隠しが必要になりますよね。



★ 結論です。


土地を購入する際には、前面道路の交通量や、周囲からの視線の状況を確認しましょう。

家を建てる際には、外からの視線が気にならないかどうかを慎重に考慮しましょう。

それでも大きな窓を作る必要がある場合には、目隠しの方法や範囲を検討しましょう。


窓を開けない。(カーテンすら開けない)
窓から出入りしない。
  ↓
その窓、本当に必要ですか?